定番のナースシューズの変化

以前は、ナースシューズの定番といえば、サンダルタイプのものだったそうです。

これは、つま先やかかとが解放されているために通気性が良いですし、履き心地が良いので、長時間使用しやすいことや、着脱が簡単だったために、よく使われていたそうです。

ただ、最近は仕事中に注射器などが落下して足を怪我する可能性も考えて、使用を禁止している病院も増えているようですが、特に禁止されていなくて、そのような落下による事故の恐れが少ない介護施設や、事務が中心の人の場合は愛用している人が多いようです。

病院によっては、使用が禁止されているサンダルタイプに変わって新しい定番となってきているのは、スニーカータイプのナースシューズだそうです。

スニーカーは動きやすく安定感もありますから、動き回ることが多く、俊敏な動きが要求されることが多い看護師の仕事には適していると思います。

サンダルタイプが事故防止の観点から使用が制限されることがあるので、今はこちらの方が主流になってきているようです。

もともと、スニーカータイプよりもサンダルタイプのナースシューズが定番だった大きな理由は、通気性の良さのためだったそうです。

スニーカータイプの場合は、つま先やかかともおおわれてしまいますから、長時間使用していると、どうしても足が蒸れやすくなってしまい、履き心地も悪くなってきますし、疲れもたまりやすくなりますから、そういうことが少ないサンダルタイプのナースシューズが好まれていたようです。

ただ、最近は、スニーカータイプでも通気性が良くなるように、メッシュ素材のものもできているようですし、靴底なども工夫されてきているようで、靴底に使われる素材として、動き回りやすいゴム底のものだけでなく、足がむくみにくくて、立ちっぱなしでも疲れにくい素材を使用しているものもあるようです。

また、医療施設で使用するのに適した工夫がされているものもあるようです。

抗菌や消臭などが施されたものや、静電気が起こりにくいような構造になったものなど、いろいろな工夫が施されているものがあるようです。