ナースシューズの種類について

ナースシューズには、新しい定番といえるスニーカータイプや、以前からの定番であり、今でも根強い人気があるサンダルタイプなどがありますが、それ以外にもいろいろなタイプのものがあり、それらにも特徴があるようです。

定番になっているスニーカータイプの場合は、動きやすさという点では、他のものより優れている場合が多いと思いますから、いろいろなところを動きまわって作業する人には向いているように思いますし、もう一つの定番であるサンダルタイプは、通気性の良さや履き心地の良さという点ではが良いように思います.それ以外のタイプのナースシューズには、パンプスタイプがあり、これは、デザインという点では、最も魅力的なタイプになっているようです。

男性の看護師さんも徐々に増えていると思いますが、それでも女性の方が多いので、パンプスタイプのナースシューズも良く使われているようです。

安定感や動きやすさも新しい素材を利用することで改善されているようですし、通気性や吸湿性の良いものもできているようです。

ナースシューズには、スニーカータイプやサンダルタイプ、パンプスタイプのほかに、2ウェイタイプというものもあるそうです。

2ウェイタイプというのは、言葉の通り2通りの使い方ができるナースシューズのことだそうですが、普通に使うとサンダルタイプのナースシューズになるそうですが、ベルトの部分が取り外し可能になっていて、取り外すとサボタイプとして使うことができるそうです。

サボタイプにすると、多少は動きにくくなってしまいますが、履いたり脱いだりしやすくなりますし、履いている時も足が締め付けられないので、最も楽に履いていられることになります。

動き回る必要がない時や、休憩中などにサボタイプにしておき、必要な時だけベルトを着けて使用するというような使い分けができるので便利なように思います。

当然、別々にサンダルタイプとサボタイプを用意してもいいとは思いますが、一つで済ませられれば、いちいち履き替える手間も必要なくなりますし、経済的にも有利ではないかと思います。